コンタクトレンズ 出費

コンタクトレンズの出費の節約方法と買い方について

節約の仕方としては、ネットショップで購入することです。

 

理由は、以下の点です

 

1.処方箋が必要ない(年間で数千円お得になります。3か月ごとに医者に行くことを考慮した場合)

 

2.消費税が0円になります。(海外からの配送なので消費税はかかりません)

 

3.まとめ買い割引をしているお店がある(まとめ買いをすることで安くなるキャンペーンをしているお店があります。)

 

 

 

節約の方法は絶対に間違わないでくださいね。

 

 

節約=レンズを長期間使用する

 

と思い込んでいるひとは絶対にやめてください。
例えば、ワンデイのコンタクトを1週間使用するなど。。

 

私のコンタクト歴と友達の例を参考にしていただけるとありがたいです。
犠牲者を出したくないのです。。。

 

私のコンタクト歴と友達の奇怪な節約方法

 

私、小学校4年生からメガネとコンタクトレンズのお世話になっているんです。
およそ。30年の超近視のベテランです。

 

小学校の頃はメガネでしたが、中学入学とともにイメチェンも意識してコンタクトレンズにしたんです。

 

あのころのコンタクトレンズって結構高価だったと思うんですよね。
ケア用品も洗浄液、精製水、食塩のタブレット、タンパク汚れの除去剤とか色々と必要でしたし、その分ケア用品にお金もかかりました。

 

使い捨てではないコンタクトレンズの寿命って、だいたい1年半〜2年だそうで、その度に親にコンタクトレンズやケア用品を買ってもらうのが申し訳なくて、なんとか寿命以上に使ってやろうと、こすり洗いを破けないように優しく行い、4年以上使い込みました。

 

そしてその挙句、しょっちゅうモノモライのような症状になっては眼科に通い、膿やら脂肪の塊を出すのに切開を繰り返しました。
節約どころか眼科でお金をかけてしまうこととなりましたね。

 

成人してから、特にネットで安い使い捨てコンタクトレンズを買えるようになってからはそんなことはしなくなりましたが、私の友人でも同じことをやっている人がいましたよ。

 

コンタクトレンズを長期間使いまわした結果・・・

 

彼女は、無駄遣いでかなりお財布事情が厳しく、コンタクトレンズを買う余裕がなっかたそうで、節約と言って2ウィークのレンズを期限以上に使い、「これで4週目!」と2週間も多く使っていることを得意そうに話していました。
しかし、彼女はその後、目を真っ赤に充血させて眼科へ通院することになりました。

 

コンタクトレンズを使用期限以上に使って節約のつもりでいても、眼科に通院になっては節約どころではなくなります。

 

そんなことをしなくても、コンタクトレンズを上手に買えば、立派な節約になると思います。

 

昔と違って、今はネットで安く買えるんですよね。
海外の輸入代理店で買えば消費税は0円。
まとめ買いをすれば送料が無料になったり、更にまとめ買い割引で安くなるお店もあります。

 

それ以外には、キャンペーンでの割引、お店の会員登録をしてポイントを貯めれば、ポイントで割引されて更にお得。

 

上手に組み合わせれば30〜60%OFFも可能になるみたいですよ。

 

ネットでは色々なコンタクトレンズの通販ショップの情報が溢れています。それらを参考にして賢く買ってみましょう。

 

コンタクトレンズを安く購入できる業者のランキングはこちら


 
初めての方はこちら