コンタクトレンズ 円高

コンタクトレンズは円高だと安くなるのか?

もう随分前からニュース、雑誌、新聞で「円高」という文字がお馴染みになっていますね。

 

長期の休暇ともなると空港で出国する人達にインタビューする風景がニュースで流れますが、この方達がキーワードのように「円高だから」「円高のうちに」と言っていますよね。

 

円高ってそんなにお得になるのでしょうか。

 

それがお得になるんです。

 

「円高」とは、海外の通貨と比べると、円の価値が高くなるので外国での買い物、外国への旅行がお得になるのです。

 

「円」から外国の通貨に変換するには交換比率、「為替レート」を基に交換されます。

 

ですから、先にも言ったように、価値の高い通貨は「交換レートが高くなる」ということなんですね。

 

これではイマイチまだピンときませんね。

 

私もこれで伝わっているのかどうか分かりません。

 

円高・円安のわかりやすい説明

 

よく、例として使われる説明があります。
この説明は、小学生や中学生に「円高」の説明をするときによく使われる例えです。

 

あなたは外国へ旅行に行きました。
あちこちを歩き回ってお腹が空いたのでハンバーガーを食べることにしました。
ハンバーガー1個は1ドルです。
1年前に来た時は日本円にすると1個150円でハンバーガーが食べられましたが、今回は円高で日本円の価値が上がっているおかげで、日本円にして100円で食べることができました。50円も安く食べることができましたね。この50円でポテトも食べられるかもしれないですよ。

 

ざっくりですが、これで少しは「円高」は海外での買い物が安く買えるということが分かりましたでしょうか?

 

大変遅くなりましたがここで本題です。

 

円高だとコンタクトレンズも安くなる理由とは?

 

コンタクトレンズも「円高」だと安くなるって知っていましたか?

 

コンタクトレンズのほとんどが海外で製造されているので、国内で「円」で購入するよりも、海外の輸入代理店を通して購入した方がずっと安く買えるんです。

 

実際に、ネットでコンタクトレンズの料金を調べると、「円高」の現在は国内で買うよりもネットで買う方がお値段が安いようです。

 

国内でも安くはなりますが、為替レートに反応が早いのは海外からの個人輸入の方が反応が早いんですよね。

 

こういう安い時にまとめ買いをするとお得かもしれないですよ。

 

ちなみに、2012年3月15日現在、ドル円は84円台になってきていて、ここ数日で75円台から一気に円安に傾きました。
$円が安くなるのは日本としてはうれしいのですが、海外から商品を購入する際には損になるので、早めに購入するのがいいかもしれませんね。

 

まとめ買いなら、圧倒的にコンタクトさんがおすすめです。

 

処方箋不要業者ランキングはこちら


 
初めての方はこちら